昨日観た、劇団員高島大幹くん、斧口智彦くんの舞台感想。

ツイッターでは2人の写真を並べたかったのと、文字数でひどく生き急いだ感想になってしまってちょっと申し訳ない気持ちになったので、こちらに 笑

舞台の感想って、今までは良いこととか、差し障りのないことしか書いてなかったのだけど、これからは少しだけ、正直な感想にスライドしたいと思います。


そこから変わることもあるかもしれないものね。

まずは昼間におのくんのコメディエンヌNO1をシアターグリーンにて。
グリーンに行くの久しぶりだったなぁ。
自分も何度か立たせていただいた劇場なので来るたびに懐かしい。

さて。
脚本がオカモト國ヒコさん。
「泥の子と狭い家の物語」でお世話になりました。
まずね、これを何よりも言いたい。

オカモトさんの本が面白い!

多分、役者が味付けする前の、台本の時点ですべての役のキャラクターが濃かったんじゃないかしら 笑

明確でわかりやすい。

だからかしら。
もっともっとバーン!!とやって欲しいところがチラホラ。

後半転がりだして勢いがついてからは、バックステージもののドタバタ感に、ニヤニヤしたりソワソワしたり、どきりとしたり、そんな諸々が詰まっていて、笑いました。言ってみたいセリフがたくさんありました(*^^*)

そしてそのあと夜は上野ストアハウスにて大幹くんのシナプス。

いや、もう、脱帽です。
小劇場でここまでつめこむ?ってびっくり 笑

こちらはキャラクターより、世界観が濃い!!もう、やりたいことが手に取るようにわかるほど、濃い 笑

清々しいほど伝えたいこと、やりたいことがわかりました。

けれども。
な、長かったです。
おしり、痛かったです 笑

これはね、あえて言おう。

上演時間こそ、お客様目線で決めるべきだと 笑

一旦シナプス感想から離れて小劇場界全体のこととしてお話したいのだけれど、環境の良くない小劇場は、最大2時間というルールを設けてもいいと思うの。

だって!!ほんとつらい劇場あるんだものー!

面白くても集中できなくなるんだもの!そんなの悲しい!!

途中からおしりや腰や背中にしか意識がいかなくなるせつなさは、世界から抹殺したい 笑

個人的には1時間30分が一番満足度高いです。



ふー。満足!

さてシナプス感想に戻ります。
こちらもまた、言ってみたいセリフがたくさんありました 笑

なんならキツネさんは今朝も真似したばかりです 笑

あと、ヒロインが可愛くて魅力的なの、大切。
ガンアクションがきちんとしてるのも、大切。

そこがちゃんとしてるの、良かったなぁ。

二作品とも思ったんだけれども、途中からすごく面白いんだけど、そこまでの勢いというか、密度みたいなものに少し物足りなさを感じました。

やっぱり出だしから「これは面白い!」と思って、それが継続してそのまま「面白かった!」で終われる舞台が何よりも最高じゃないですか。

それがなかなか難しくて、なかなかそういう舞台には出会わない。

出会った時に思うのは、役者がしっかりしてるんだなってこと。

両作品とても面白い脚本だなって思ったので、同じ役者としては、役者にもっと、がんばれって思ってしまった。

面白い脚本を、面白いで終わらせずに、最高に面白かった!にするのは、私たち役者だぜ!って 笑


いやもう、自分を棚にぶん投げて言っております。

どうしたらもっと芝居うまくなるんだろ。ほんと。

うまくなりたい。


はっ!
気づけば自分の悩みになってた!いけない!!



もちろんあくまでも個人の感想ですので、そうでなくちゃならぬ!とは申しませんのであしからず(*^^*)


どちらもあした、あさってまでですのでみなさま。

お席があればぜひとも観に行ってみてくださいませ♪




公演終了したので、モザイクなしの画像に変更(11/26)