◎ハーフフィクションとは◎
半分フィクション。半分ノンフィクション。
杏泉しのぶがその日に出会った何かからインスパイアされて書いた、リアルと妄想の間の物語です。





第二話「流れる想い」



懐かしいなぁ。
運ばれて来たネギトロ巻きを見つめて、渡部あきらは感慨深くなる。
学生の頃、初めてアルバイトしたのがこの店だった。
働くことと遊ぶことが一緒という感覚で、お金をもらうことへの責任感なんて無いに等しかった。

同じ高校生アルバイト仲間で遊んだり、大学生アルバイトさんたちも含めてドライブに行ったり、アルバイトはわたしにとって楽しい遊びの延長だった。

初めての彼氏もここで見つけた。
同い年のアルバイトくん。
仕事のできる人で、レジに入って接客する背中を見ているのが好きだった。
片想いが実ったのはそれが最初。

あとから聞いたら周りのパートさんたちにはわたしの片想いがバレバレだったらしく、彼氏ができたと言ったらお祝いされた。

「まあ、あきらちゃん!久しぶり!」
お茶を入れに来てくれた安川さんが変わらない笑顔で声をかけてくれた。

安川さんは当時からバリバリシフトに入っていたパートさん。

会うのは10年以上ぶりなのに、全然変わらない。

ごゆっくり、と言い置いて安川さんは入口から入ってきたお客様を迎えに行く。

10年前と変わらない店内。
変わらないユニフォーム。
変わらない安川さん。

ネギトロ巻きを食べると、その味も変わらず懐かしかった。

喉元にせりあがる感傷をお茶で流し込む。


初めての彼氏は、そのまま旦那様になるはずだった。

プロポーズを待ちくたびれて自分から言いだしたわたしに、彼は驚きながらも頷いてくれたのに。

なんでその半年後、わたしはひとりここでネギトロ巻きを食べているのか。

箸が止まる。

好きな人ができたから別れる。

彼はそう言って去っていった。

あれからずっと考えている。
好きって、なんだろう。
結婚の約束をして、結婚の準備をしていても、他に好きな人ができたら別れるのだとしたら。

どうやって家族になるんだろ。

結婚したあとに好きな人ができたら、また別れるんだろうか。

好きな人を諦めて、家族を選ぶのもまた、正解と言えるのか。

結婚する意味って、なんなんだろ。



んー。
わからん!!

止まっていた箸を動かしてネギトロ巻きをかじる。

難しいことを考えるのは性に合わない。
ぱくぱくとネギトロ巻きを口に放り込む。

ネギトロ巻きだらけになった口をもぐもぐと動かして、もやもやも一緒に砕いて飲み込んでしまおうと思った。

ゲフンとむせて、ごはんつぶが変なところに入る。
慌ててお茶を飲み、口いっぱいのネギトロ巻きを胃袋へと落とし込んだ。

「あー…、ひとつぶ鼻の方にいる気がする…」

涙目で鼻の根元を押さえながら天井を見上げると、そこには見慣れないライトが光っていた。

10年前は、天井に埋め込まれた蛍光灯に薄いオレンジのカバーをかけて柔らかな光が降り注いでいた。

今は丸いリング状のライトからほんのり暖かみのある光が広がっている。

「安川さん、ライト、変えたの?」
隣のテーブルを片付けていた安川さんに聞くと

「そうそう!結構前にね!流行りのLEDに変えたのよ〜。電気代全然違うらしいわよ」

と、得意げに教えてくれた。

そっかぁ。
流行りのかぁ。
全然違うのかぁ。

天井だけ見ると知らないお店みたい。

「安川さん、お茶のおかわりください」

天井を見上げたままのわたしに、不思議な顔をしながら、安川さんがお茶を注いでくれた。

「ライト、なんか変?」
「あ、いえ、ちょっと、下を向くと、流れそうで」
「あきらちゃん?」
不思議そうな顔から怪訝な顔になったのが、安川さんの声からわかる。

わたしは慌ててお茶を飲み込む。

「熱っ!!!」

反射的に下を向いて口元を手で押さえると、ぱたぱたと涙が落ちて、スカートから伸びたひざを濡らした。

「やぁだ!ちょっと、大丈夫?」
安川さんはカウンターへ走って行くと、新しいおしぼりと、お冷やを持って引き返してきた。
「しっかりしてるのにちょっと抜けてるところは相変わらずね」
安川さんは笑いながらそう言うと、呼び出しのコール音にテーブル番号を確認して向かって行った。


安川さんが持って来てくれた冷たいおしぼりを目頭に押しつけながら、深呼吸する。

そっか。

わたし、昔と同じでいたかったんだ。

彼を好きになって、顔を見るだけで嬉しくて、話をできた日はふとんの中で何度も反芻した。

あの日の気持ちとは、わたしの気持ちも違う。

彼だけがわたしを置いて変わってしまったと思ったけれど、わたしの気持ちも変わっていたんだ。

ここに来て、あの日の自分を見つけて安心したかった。
変わってしまった彼が悪いのだと自信を持って責めたかった。

本当にわたし、抜けてるよね。

自分だけは正しいなんて、あるわけがないのに。

一緒に変わって行くことができなかっただけ。

わたしが悪いとか、彼が悪いとか、そんなことじゃない。

氷のたっぷり入った水をひとくち飲んで、安川さんを呼ぶ。

「いちごパフェ、ください!」

「相変わらず好きなの?いちごパフェ」
安川さんが注文をハンディに入力しながらニヤリと笑う。

「はい!大好きです!」

まだ涙のたまる目を隠さずに、わたしは安川さんに笑顔を返した。



♪*♪*和食レストランとんでん♪*♪
公式ホームページ

http://www.tonden.co.jp