真夜中のふつふつ

2017.04.04 Tuesday
遅くなりましたが「泥の子と狭い家の物語」無事に終演しましてはや1週間が過ぎました。

twitterやFacebookにだけご挨拶書いて安心してました。

いやー。
なんかねぇ。
盛りだくさんでした。

気づけたことの大きさに、たぶんこの先じわじわ気づくのかも。

酒井敏也さんとの夫婦役。
あんなに緊張していたのが嘘みたいに酒井さんと普通に話し、ごはんを食べ、芝居をしてました。
本当に懐の深い方で。
とても優しい方で。
テレビではわからない力強さに満ちた芝居をされる方でした。

ご一緒できたしあわせ。

そして娘の小崎愛美理ちゃん。
彼女のパワーと輝き。
素敵だったなぁ。
爽やかな嫉妬をしました。
あんな若手のいることが嬉しくて、ウズウズとして、負けてる場合ちゃうぞ、と。

ラストシーン、言葉にならないラップに引っぱられないように、涙をおさえることに必死でした。

なにもない顔をして、彼女を抱きしめること。
そのラストがわたしのゴールだったのです。

そんな素晴らしい夫と娘のあいだで、わたしはどんな妻に、母に、見えたでしょうか。

今回ねー、すごくありがたい言葉をたくさんいただきまして。
共演者のお客様がわたしのお母さんをほめてくださって。
また、観に来た友人、知人が興奮して迎えてくれたことの多かったこと。

劇団子の後輩、高島くんと、結川ちゃんにはハグされました、ええ。
そんなこともあってしみじみ実感したこと。

役者(わたし)の気持ちなんかいらん。

てこと 笑

心を込める、気持ちを込める。
それがいかにじゃまなものか。

あ、いや、いるんですよ。
それが必要なこともあるんですよ。

だけど、どっぷり役者自身が感情に溺れてたらダメなんだって。
それは役者の感情で、役の感情じゃないから。

役の感情が動いてるときって、中の人の心は逆に凪いでいるのだなって。

わたしの場合はそうなのだなって、実感しました。

なりきる、という言葉があるけれど、自分の心が揺れまくってるときは、むしろなりきってない。自分自身が揺れているから、役から離れてる。

メモ的に書きなぐりますが、これはあくまでもわたしの場合で、他の役者さんにはその方の正解があるはず。

わたし、わりと自分に寄せるタイプだったんですね。役の感情を。
そうすると気持ちを込めた気分にはなるけど、結果として役じゃない気持ちが動いてたのかもなーって。

もっと冷静に外側から操っていていいのかもしれない。

そのほうがいろんなルートが見つかるし、楽しんで悩める。

そんな発見。

まだまだ答え探しの旅は続くけど、今まで見えないなにかが見えました。

そしてそのあとの劇団子稽古で「愛知のオンナ」の瞳ちゃんをやりまして、さらに実感。


今まで見えなくて、難しいとばかり思っていた瞳ちゃんが、初めて自分に寄ってきてくれた気がしたのです。
正解、不正解の前に、今までは寄せてたからわかんなかったのか!みたいな、目からウロコ的な衝撃があったのでした。

あと瞳ちゃんのセリフ「頑張ってたつもりになってただけ」。
この破壊力よ。
そんな役者だったなー、自分って。

そんな、ひとつなにかを越えたかもしれない、いま。

とか、おおきなことを書いてしまった。

しかしほんとなんだ。
この感覚をメモっておきたかったんだ。

泥の子と狭い家の物語

同世代の女優さんもいてたくさん影響受けました。
じりじり焦りました。

パワーのある方、若さの勢い、そんなたくさんのきらめきに囲まれた稽古場でした。ありがとうみんな。
素敵で愛しい座組でした。

わたしもまだまだ丁寧に積み上げていこう。

真夜中にふつふつと、さやさやと、長文を失敬しました 笑






Comment

しのぶさんが演じる「瞳」ってのを
一度でいいから観てみたいなぁ。。。
いや、一度ではなく、二度でも
三度でもいいけどね。
イメージ的には、「目力」さんと、
「室井」さんがフュージョンした
カンジなんかな?

Comment

バラさん☆

瞳ちゃんは目力さんより弱いかも。
室井さんほどまっすぐでもないし。
コロコロ変わる動きと表情と感情にヤバさを感じていただきたい女性かも 笑

Submit Comment


official blog

PROFILE

Information

★客演します!★
PalsSharer第13回公演『二つ衣の森に棲む(仮)』

2016年11月9日(水)〜13日(日)
劇場;下北沢『楽園』

  • お楽しみに☆


    • ★絶賛放送中★
    • 「朗読ナイトプレゼンツ〜杏泉しのぶと220秒の世界〜」

    • FM世田谷(83.4MHz)
    • 毎週木曜日22:25〜
    • リアルタイムでFM世田谷ホームページからでも視聴可能です。
    • http://fmsetagaya.co.jp


  • RECENT ENTRIES

    CATEGORY



    ARCHIVES

    SEARCH


    MOBILE
    qrcode

    OTHERS