「泥の子と狭い家の物語」稽古開始、とともに、立ち稽古開始 笑

初めての稽古場。
初めての役者陣。

だけど準備したぶん気持ちは落ち着いて、集中するのも楽しかった。

この作品が来月の本番にどんな変貌を遂げているのか。

会場の木馬亭は普段寄席などをやっているので、劇場に通い慣れているひともちょっと異空間に足を踏み入れる気持ちになると思います。

そこで観る芝居も、ちょっと、いや、かなり不思議な世界かな。

演出プランが予想外過ぎて想像つかない!笑

客席で観たいなー、これ。


そんなことを考えてた稽古中、ふと窓の外を見たら吹雪!笑
なんだか本当に異世界に来ちゃったみたいで笑ってしまった。



寒さに負けない熱さで、毎日を生きる。
色々な不安も、悩みもここでは消えている。
初めての場所はそんな心地良さに溢れていました。