リスタート

2017.11.21 Tuesday
公演後初めての定例稽古でした。

劇団子の定例稽古は原点回帰みたいな感じ。自分を振り返る時間。自分と向き合う時間。

そして当然劇団員を見つめる時間。

成長や変化を見逃さないで、自分の焦りに変える。

反面教師にすることもある。
きっとそれはお互いさまだけれど。

自分ができてると思ったら終わるんだ。できるようになることを目標としながらも。

目線はまっすぐか上。
もしくは自分の足元まわりだけ。

後ろやその下を見たら迷子になる気がするんだ。

表現には正解がいっぱいある。

自分の正解は自分で探すしかない。



くやしさ、失望、そんな諸々を混ぜ合わせて、未来の自分の糧にしよう。


旅立つ背中

2017.11.12 Sunday

劇団子HPに、宮良太の退団コメントが掲載されました。

復活公演「トウキョウの家族」ではちょっといい仲にもなる幼なじみを。
「セリフを下さい」では元教え子と教師を。

どちらも絡みの多い役で舞台に立ちました。

目が何かを訴えてくる役者。言葉に嘘のない役者。

そして、劇団子休団中の大変なときを一緒に乗り越えてくれた、大切な劇団員のひとり。

新しい旅立ちは正直さみしいけれど、同じ世界にいればきっとまた繋がることもあるはず。
彼の前途を全力で祈りつつ、負けないように成長したい。

 

旅立つ背中を見送るのはいつもほんのり痛みを伴うけれど、劇団に居続ける限り、これも受け入れて行かねばならぬのだな。

 

良太くん、ありがとー!!!


振り返り、終わり。

2017.11.08 Wednesday
ブログで長々振り返りましたが、まだいくらでも振り返ることができそうでキリがないのでこのへんで 笑

初日からもう1週間が経ったのか〜と、日付的な部分でも振り返っております。

今朝、本番の映像を観て、泣きました。
しかも自分のシーンでした 笑
恥ずかしい 笑

劇団子の作品が大好きだなとまた思いました。そして、劇団員が大好きだなとも。

そんな環境にいられるってありがたいですね。

さて。公演も終わり。
いよいよ、というか、9月くらいからうっすら考えていて、そろそろ固め始めなくてはと思っていることがあります。

そう。
それは

Theatre劇団子年末発表会!!!


うふふ。
あと1ヶ月ちょっと。
うふふ。

(≧△≦)きゃー!!!

ちょっとお休みしていた習いごとも復活したいので、スケジュールをゆるめに組んでいます。
公演稽古中休んでいた手話と、あとずいぶん停止中のヴァイオリンをね。
再開しようと思って。

本当に、自分の魅力をもっと磨きたいなと痛感したんですよねぇ。今回。
何をすればいいかなんて、人それぞれだから明確な答えはないけれど、音楽をもっと自分に近いものにしたいなって。

ダンス、ボイトレも継続するけど、趣味としてヴァイオリンもやっぱり弾きたい。

さー!
日常へ、戻るよ!

ちゃんと生きたいって、いっぱい思ったからね。



今回も制作スタッフトーマスによる手作り大入袋!可愛いっ!!

実はこの大入袋。
中には五円玉が入っていて、袋を振って五円玉を外に出して、誰かと交換するって言う儀式があります。

横に穴が開いてもうた。
ご縁を交換して、広げていく、みたいなこの習わしも好き。

あとはこの大入袋のお金は早く使った方がいいから、隣の人と交換して使ったことにするって意味もあるみたいです。
ちゃんと交換して、大入袋コーナーに飾りました。我が家の大入袋の小銭さんたちは初詣でその役目を果たします。
来年は喪中だから、もう少し寝かせることになるかな〜(*^^*)
もしくはお寺にお参りにしようかな。


ジェットコースターが終わったよ!その3

2017.11.08 Wednesday

まだまだ振り返るジェットコースター 笑
今回は写真とともに振り返るの巻。

踊って歌いました。
「落人たちのブロードウェイ」以来に。
けど、あの時よりダンスも歌もランクアップしていて、本当にヒヤヒヤしっぱなしでした。



ソロパートのあった「名前の歌」
まさか歌担当になると思わなくて、台本に歌うシーンが出てきたときに緊張が走りまくりました。

剛史の名前の歌詞が、当初の歌詞から変わりまして、そのときにはすでに音楽の中村さんから譜面が上がってきていたので、わたしが改めて譜割りさせてもらって歌いました。もう、色々に緊張。

極め付けはソプラノの綾乃さんが歌ったあとに歌うということ。
なんだその無駄に高いハードル!とツッコミを何度入れたことか 笑

ボイトレの先生からのアドバイス「歌おうとしない」と言うことを心がけていたので、この出番の前には必ずセリフとして歌詞を声に出してました。

緊張はしたけど、そんな場面を任せていただいたことは嬉しかったです。
もっと成長しよう。


イザベラとの唯一のシーン。
2人の母。
遥華は遥華で、イザベラが羨ましかったはず。自分には二度と手に入らない清志と剛史との時間が。



遥華と剛史はダンスバトルで時空が歪んだときにちらっと出会うだけだったけど、清志と遥華の後ろに剛史がいる場面がけっこうあったんだなぁと写真を見て改めて。


遥華が狂っていく前の、一番楽しかった時期。本当に合唱サークルなら良かったのになぁ。
遠藤さんは後輩の結川祥子。彼女より幼く、弱く見えなくては、というのも今回悩ましかったところ。


範子さん、翠、萌英とのシーン。
まったく絡まないかと思ってたからアホみたいな絡みがあって喜んだ 笑



告白もプロポーズも、毎回、本当にドキドキしてました。清ちゃんの反応が大きいから受け止め甲斐があったのね。

あと、一番好きと言った、清ちゃんが遥華の大きなおなかにくっついてくるところ。

本番入ってから大幹くんがじっくり狙いを定めて来るようになったので、遥華も両手を広げて受け入れるスタンスに。
そういう影響し合うところがたくさんあって本当に楽しかったなぁ。

ふたりの別れのシーン。
なんとなく、このあたりの遥華は視点が定まらないイメージで、視界がぼんやりするように景色を見ていました。

高校卒業してすぐ結婚して、3年後に剛史が生まれて。
遥華の人生もなかなかジェットコースターだなぁ。


エンディング映像もすごかった。
いつもお世話になっている照山明さんの力作。劇場入ってから撮影して、セットにマッピング。

すごい。本当にすごい。

各キャラクターが出てきてなにかやってるところ、清志と遥華はヘッドロック→遥華が怒ってそれを外す→遥華、手をつないで!と手を差し出す→清志がその手を握る→ふたりそれぞれガッツポーズと言う細かすぎることをしてました 笑


ジェットコースターが終わったよ!その2

2017.11.06 Monday

すんばらしいスタッフさんたちのちからで、「ジェットコースターが終われば」の世界が劇場に立ち上がりました。
打ち上げでお話させていただいて、初めて知るこだわりに改めて感動。
本当に作品世界を、役者を輝かせることばかり考えてくださったんだなって。

その中で生きてきたのが今回の役、樺山遥華さん。

名前に「華」の文字が2つも入る女性ですが、イメージはどちらかと言えば「花」のようなひとでした。

本編に出るのは18歳から45歳まで。

ヘッドロックされながら困惑しつつ「うん」「うん」って返事する声が好き!って何人かの方から言ってもらえたのも嬉しかったなぁ。

そうなの。今回、学生時代の遥華の声が好評でびっくりしました 笑

優しくて、生真面目で、内気で、愛情深い。

ふんわり笑うひと、というイメージだけは、学生時代も大人になっても持っていました。

普通の人を魅力的にみせる難しさに悩んだ役だったなぁ。
遥華は口数が少なくて、自分の想いを多く語ることがなかったので、それこそ役者の内面が魅力になるような役なんじゃないかなとも思って、本当に色々思い悩み続けました。

「わたし、やっぱり歌が好きです。息子にたくさん聴かせてあげたいんです。そして息子にも歌を好きになってもらいたいんです」
「あなたたちのために歌う曲なんてありません。神聖な歌が汚れます」
「今の清ちゃんかっこ悪いよ!すごくかっこ悪い!」
「清ちゃんはそのほうがいい」
「わたしだってずっと見てきたんだから」
「ツヨシか…うん!いいと思う!」

口数少ない遥華だからこそ、ひとつひとつのセリフに想いが詰まっていて、わたしには台本から遥華の魅力がドーンと伝わってるんだけど、どう演じたら石山さんの書いた素敵な遥華がそのまま伝わるだろう。

そんな初めての向き合い方をさせてくれた、本当に素敵な役でした。

石山さんとも話したのですが、遥華はきっと、あのあと家に行ってみて、でも会うことは怖くてできなくて、遠くから顔を見るためだけに、何度も足を運ぶんじゃないかな。

剛史のことを知った遥華が自分でその現実にちゃんと向き合うことができたら、受け入れることができたら、そのとき彼女は本当に昔の遥華に戻れるのかもしれないな。

息子を喪って、清ちゃんとはもう元には戻れないだろうけれど、お互いに大切な存在であることは変わらない、のかも、しれません。
おじいちゃん、おばあちゃんになったとき、もう一度一緒に笑っていたらいいな、くらいの、長い時間が必要な気がします。



わー。
すごいなー。
その後のこととか、こんなに考えるの、恋ロビのふみちゃん以来かも。
遥華と言う人はわたしのなかに、着実に根を張ってくれたのだなと改めて。


official blog

PROFILE

Information

★劇団子公演★
『ジェットコースターが終われば』

2017年11月1日(水)〜5日(日)
劇場;シアター風姿花伝

  • ありがとうございました☆


    • ★絶賛放送中★
    • 「朗読ナイトプレゼンツ〜杏泉しのぶと220秒の世界〜」

    • FM世田谷(83.4MHz)
    • 毎週木曜日22:25〜
    • リアルタイムでFM世田谷ホームページからでも視聴可能です。
    • http://fmsetagaya.co.jp






  • ARCHIVES

    SEARCH


    MOBILE
    qrcode

    OTHERS