Archives

Recent Posts

時間も値段に含まれます


わたしの中でホテルのレストランランチが熱い。

サラダバー、スープ、ドリンクが好きなだけ。

そしてメインのお料理を選ぶスタイルのところがけっこうありまして。


これでだいたい千円くらい。

で。
なにが熱いって。
千円だけど、サービスはホテルクオリティなの。

温かいお料理は熱々のお皿で出してくれたり、スープのカップが温められていたり。

なにより、メインのお料理が美味しい!!

そしてホテルの接客素晴らしい〜!

千円ランチよりもっと贅沢なごはんを食べた気になるのー!

内容はそれぞれなんだけれど、今のところハズレなし。

仕事との兼ね合いでよく利用していた某アパホテルのレストランランチがなくなってしまったのが悲しい。

ここで出会ったコルドンブルーのおいしさに感動して、また食べたいと思っていたのになぁ。


仕事の隙間で外食するしかないときにホテルのランチを見つけるとつい入ってしまいます。
落ち着いて食事ができるのもありがたいところ。
気持ちを切り替えつつ台本チェックとかスケジュールチェックするのにちょうどいい。

ランチのせわしなさって、なんだか急かされてしまうことも多くて、収録や撮影の前には落ち着ける場所を求めてさまようこともわりとあります。

そんなときじゃなくとも、たまーにお手頃価格で贅沢したいときの、ホテルレストランランチ。
おすすめですよ(*^^*)

思わず、普段飲まないのにカフェラテなんていただいちゃいました。




デパートの中の喫茶室なんかも勇気を出して入ってみると、静かだし、オシャレカフェと値段変わらないし、接客も丁寧だし、仕事の前に心を穏やかにしてもらえて助かります。

だんだんと、時間をどう使うか、どう過ごすかっていうことがとても大切になってきました。

若い時はそんなことに頭を使う余裕なかったもんなぁ 笑

スタート


たくさんの宝物を抱えつつ、ここからはひとりで闘わねば。


スリスリ寄ってきた子。
邪険にできるわけもなく、しばし足止めくらう。

父と宴と顔合わせ

父の日。

ということで、昨日ブログに書いた通り電話をしました。

いたく感動されました 笑

父の日で連絡くれたのか!
おまえ、いま、忙しいだろう。
嬉しいなぁ!
ちょっと待てよ、お母さんに代わるから!
(遠くで)お姉ちゃんが父の日おめでとうって電話くれたよ!



電話一本でそこまで喜んでもらえると、嬉しいやら、今度家に行かねばと焦るわ、複雑な心境に 笑


またごはん食べに行こうねと約束して電話を切って、パルズシェアーの宴準備に参戦。

じゃん!


じゃじゃん!


アヒージョどーん!!!


あー。
しあわせな宴でした。
手料理を食べるしあわせ。

そりゃ、スパークリングにさくらんぼも投入しちゃうよね 笑

アヒージョと生ハムでバケットがすすむすすむ。

食べすぎました 笑

誰かと一緒に食べるおうちごはん。
しあわせ。


そもそもこの宴が何かというと、7月、劇団子が終わったあとにパルズシェアーの本番がありまして、そちらの顔合わせだったのです。

顔合わせ読み合わせのあとの、う・た・げ♪

次にこの稽古場に来るのは劇団子終わり。

こっちの配役も気になるなぁ。

今回は5歳以上のお子様もご来場OKなので、甥っ子も呼べちゃう。

来てくれるとなると、女優のわたしを初お披露目になるので、なんか恥ずかしいかもしれない 笑

だけど観てくれたら嬉しいなぁ。



そんな稽古中に、パルシェの次に決まっている作品ついての連絡もいただきまして、震えが止まらない。

この夏は出会いの熱い夏だなぁ。


しかしまずは劇団子!
帰ったら劇団子の作業するぞー!!


チケット、土曜日の夜もだいぶ増えてまいりました!


Theatre劇団子33rd act
「どのツラ下げて」


★あらすじ
★主宰挨拶

7月
4日(水) ☆19:00×
5日(木) ◎14:00/19:00
6日(金) ◎14:00/19:00
7日(土) 13:00×/18:00△
8日(日) 13:00×/17:00

◎→25周年特別イベント
過去公演42作品を少しずつその場で一気に上演します。見て損はなし!!
さらに特別映像で25周年を振り返ります。
映像出演:沢城みゆき

☆→初日割
チケット代が300円おトク!

×→満席!!
チケット3800円
学割3000円
◎特別イベント2000円
※全席自由

杏泉、予約頼むのフォームはこちらから。

父にも母にも

あしたは父の日!

しかし、仕事→パルシェ稽古!

今年は母の日も仕事でした。

母の日は弟夫婦がお祝いしてくれてホッとしたけれど、なかなか直接感謝を伝えられなくて少しばかりの罪悪感。

いつだったか母の日に感謝のLINEを送ったら、母から「お姉ちゃんには何にもしてあげられなかった」って返信が来てびっくりしたことがあります。

確かに両親が共働きしていた期間の全てをわたしは娘として生きていたので、そういう意味では弟妹に比べて一緒の時間が一番少なかったかもしれないなぁ。

そして子供時代を振り返ってみると、わたし子供の頃から親に頼みごとをすることが本当になかったことに気づきました。

欲しいものも、やりたいことも、おねだりらしいことをしたことがほとんどないや。

記憶がある年にはもうお姉ちゃんだったからなのかな。

そんなわたしが初めてした大きなおねだりは、進路でした。
表現の道に進むこと。

反対されたのを泣き落としました 笑

よく迷いもせず選んだなぁと思うけれど、いまだにそこにいるということは、間違えてなかったのかな〜。

今では応援してくれる両親。
それだけでも充分すぎるほど。

感謝の気持ちや、お礼とか、伝えたい言葉はちゃんと伝えておかなくちゃ。
照れくささとか、気まずさとかで、ついなし崩しにしてしまうけど。

プラスの気持ちは即出しできるおおらかさで生きていたいなー。

今年は電話しようと決意する父の日前夜。

声でもちゃんと届けていくのです。


稽古場ではツイキャスでした!
全員揃うとやっぱりいいですね(*^^*)

イマジネーション降れ降れ

デザイナーのような夜、第二夜。

昨日、今日と、マジック片手にプリンター用紙を大量にダメにしながら、とあるもののデザインを描いています。

フォトショップとかのソフトを使って描くことができない、フリーハンドオンリーのわたしなので、間違えたらやり直し 笑

気づくと書き損じた紙の海に埋もれていてびっくりします。

イマジネーション、欲しい。


今日の稽古も劇団員のイマジネーションが必要でした。


このチーム編成でとあるストーリーを作ってやったのですが、なんかもう、みんなが愛しすぎる作品に仕上がりました 笑

さて。
本番が日1日と近づきます。

毎日の稽古に同じように緊張しています。劇団の稽古なのに。公演稽古も初めてじゃないのに、慣れない。

もっと!
もっと!!

と、できない自分へのジレンマと闘う時間。

まだまだ違う。
本番に向かう意識でもっと!!

って。


そして今日は、つくづく、自分の自信のなさに辟易としました。

もっと信じればいいのに。
自分を。自分の信じたいこと、もの、ひとを。


もー。
自信のなさが信じる気持ちにブレーキをかけているんだ。

そんなことをしみじみすぎるほど、痛感しました。


強くなれ。
まだまだ。




ガラス越しのモフモフ。


パートツー。


近くて遠いガラス一枚の距離感。